乳牛の周産期の健全性向上のための泌乳中後期の過肥防止技術の開発

乳牛の周産期の健全性向上のための泌乳中後期の過肥防止技術の開発

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間経H28~29
年度2016
概要目的:中鎖脂肪酸カルシウム(MCFA)を2水準設け、その給与効果を無添加の対象区と比較検討する。
結果:泌乳中後期にMCFAを給与することにより、体重、BCS、および乾物摂取量に影響を与えなかったが、乳量も増加しない。また、MCFA給与量が増加することによって、第一胃中のプロトゾア数は減少する。
研究分担酪農肉牛課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239306
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat