林道法面植生モニタリング調査

林道法面植生モニタリング調査

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24-28
年度2016
概要・調査方法は、全体の植被率、最大植生高及び群落表面で観察される各植物種の植被率(%)を目視で測定した。
・調査法面の21年経過後まで全体の植被率が80~100%と維持されており、条件にあった工法が採択されていれば、いずれの工法も20年位までは法面植生は維持され、法面は安定していると判断してきた。
研究分担森林資源課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239323
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat