多雪地帯を対象としたマルチキャビティコンテナ苗の導入効果試験

多雪地帯を対象としたマルチキャビティコンテナ苗の導入効果試験

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28-
年度2016
概要・コンテナ苗を使用した場合,冬期の積雪によって植栽した苗の引き抜けがしばしば発生する。そこで,斜面に平行な引っ張り力に対するスギ苗の引き抜き抵抗力を明らかにするため,苗の引き抜き抵抗試験を実施した。
・緩傾斜地と急傾斜地に植栽したコンテナ苗300ccの平均引き抜き抵抗値を比較すると,いずれの場合でも急傾斜地よりも緩傾斜地で高くなる傾向があった。また,コンテナ苗300ccの方がコンテナ苗150ccよりも被害が発生しにくいことも示唆された。時期を変えて植栽を行ったコンテナ苗の引き抜き試験の結果、引き抜け被害防止を考えた場合,できるだけ早期に植栽を行った方が有利であり8月初旬までに植栽することがより効果的であることが示された。
研究分担森林資源課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239339
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat