内水面重要魚種資源管理推進調査研究 (サクラマス純系群の生物学的特性調査)

内水面重要魚種資源管理推進調査研究 (サクラマス純系群の生物学的特性調査)

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~31
年度2016
概要目的:前事業において探索されたサクラマス純系群と考えられる個体群およびサクラマス群と考えられる個体群について,形態等の生物学的データの分析や,飼育試験による成長・生残率の検証,および神通川遡上系群との交配群の作出等を実施し,純系群の増殖への応用を検討する。
得られた成果:
・平成28年度に神通川水系小佐波川と別荘川で採捕されたサクラマスは、ほとんどの個体が満1歳以上と思われる個体だった。
・小佐波川で採集したサクラマスの雌雄判別を行った結果、採集した31尾のうち30尾が雄であったのに対し、別荘川で採集したサクラマスでは56尾のうち21尾が雄であった。
・平成27年度に小佐波川および別荘川で採捕した魚をコンクリート池で飼育を行った後、19尾の小佐波川個体および4尾の別荘川個体からそれぞれ採精し、神通川遡上系サクラマス雌から採取した卵に受精させたところ、小佐波川採捕個体との交配F1群および別荘川採捕個体との交配F1群の発眼率(淘汰・検卵処理後の発眼卵の粒数/媒精によって得られた卵の粒数×100)は、それぞれ46.7%および38.4%であった。
研究分担内水面課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239385
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat