1 水稲と組み合わせる野菜栽培技術の確立 1)冬どりニンジンの省力栽培体系の確立 (1) 葉なしニンジンの機械収穫法の検討

1 水稲と組み合わせる野菜栽培技術の確立 1)冬どりニンジンの省力栽培体系の確立 (1) 葉なしニンジンの機械収穫法の検討

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H26~28
年度2016
概要【目的】ニンジンの冬どり栽培では、葉を挟んで収穫するニンジン収穫機が使用できない。そこで、いも類汎用収穫などによる葉なしニンジンの省力的な機械収穫を検討する。
【成果】葉なしニンジンの収穫は、堀上式収穫機のU農機試作機、N農機は堀上の深さを畦間より低く設定すると機械が止まり、堀上の深さを浅くすると断根した。また、作業効率では、堀上たニンジンの圃場での集荷や出荷調整のための洗浄作業時間、損傷率の問題により、現状での実用化は難しいと考えられた。
研究分担園芸栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239430
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat