4 砂丘地野菜の高品質安定生産技術の確立 1)砂質土壌へのゼオライト施用によるサツマイモの増収、品質向上技術の確立

4 砂丘地野菜の高品質安定生産技術の確立 1)砂質土壌へのゼオライト施用によるサツマイモの増収、品質向上技術の確立

県名石川県
研究機関名石川県農林総合研究センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2016
概要【目的】 砂丘地の土壌は陽イオン交換容量が低く肥料成分が溶脱しやすく、野菜栽培において草勢の低下やそれに伴う減収や品質低下が発生しやすいと考えられる。そこで、陽イオン交換容量が高く保肥力を高める効果のあるゼオライトを施用することで、サツマイモの収量や品質へ与える影響を検討する。本試験では、ゼオライトの施用量、粒径の違いによる影響を検討する。
【成果】 ゼオライト施用により土壌物理性と化学性、及びサツマイモの生育途中で対照区とは異なる一定の効果が認められた。施用2年目の作付後においてもCECが高い傾向がみられ、粒径大の施用は土壌に水分が与えられた際に時間が経過しても土壌水分値を保持しやすくした。しかしながら、上いも収量においては、施用区と対照区で差はみられなかった。また、粒子の粗い金沢地区の砂質土壌に粒径小のゼオライトを混合すると、三相分布(pF1.5)の気相率が低下し、液相率が高まるなど保水能力の向上がみられたが、粒子の細かな羽咋地区では大きな変化はみられなかった。
研究分担砂丘地農業研究センター
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239548
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat