「越前がに」漁場における生産力向上技術開発事業

「越前がに」漁場における生産力向上技術開発事業

県名福井県
研究機関名福井県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新28~32
年度2016
概要目的:好漁場形成要因となる海底地形を基に漁場造成技術を開発しズワイガニ資源の積極的な増大を図ると共に機能低下した保護礁の原因究明および再生を講じ再生産の安定化を図る。さらに稚ガニの成熟過程の生息環境を解明し次世代の資源管理手法を構築する。
成果:3Dサイドスキャンソナーにより好漁場造成海域の探索を行うと共に海底作澪機を開発し、好漁場となる澪の造成技術を検討した。また、稚ガニ採集用の桁網により調査を行い、生息海域の解明に努めた。さらに、保護礁内の泥を採取し、生息生物や化学的性質等を把握した。
研究分担海洋研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239623
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat