醸造用ブドウ新品種の育成 4 系統適応性検定試験   (醸造用ブドウ)

醸造用ブドウ新品種の育成 4 系統適応性検定試験   (醸造用ブドウ)

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H12~
年度2016
概要 ブドウ第12回系統適応性検定試験(醸造ブドウ)に供試している「ブドウ山梨48号(白ワイン向け)」について、栽培特性、果実特性、ワイン品質を調査した。本年のワイン品質検討会における評価は、対照品種の「シャルドネ」、「甲斐ブラン」より高かった。なお、H27年度系統適応性検定試験成績検討会において新品種候補に選抜された「昨年度のブドウ山梨48号」の品種登録申請を行った。また、次期系統適応性検定試験に向けて、赤ワイン向け4系統の苗木を養成した。
研究分担醸造ブドウ育種科
予算区分受託(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239740
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat