ブドウ優良品種選抜と栽培技術の確立 1 ブドウ優良品種の特性調査(第5次) (1)優良品種の特性調査

ブドウ優良品種選抜と栽培技術の確立 1 ブドウ優良品種の特性調査(第5次) (1)優良品種の特性調査

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
新H28~32
年度2016
概要 検討9品種・系統について、果実品質調査および生育特性調査を行った。本年は開花期の天候に恵まれ、果粒肥大は概ね良好であった。着色期以降、夜温が平年よりも低く推移したため、着色は良好であった。8月下旬以降は、降水量が多く、裂果や腐敗果の発生が多くなった。特に9月は曇雨天が続き、糖蓄積が停滞した。検討品種の今年の目立った特性は以下のとおりである。なお、赤色系品種については、高接ぎ樹での検討結果である。「ブラックビート」:糖度が高く着色が良好であった。長梢樹と比較し短梢樹で果粒肥大が優れた。「佐藤氏育成系統」:成熟期が8月上旬と早い。糖度が高く、着色も良好であったが、房形がまとまりにくかった。「山梨6号」:糖度がBrix20を越えた。果皮の深色化がみられた。「ヌーベルローズ」:糖度がBrix20を越えたが、小粒であり、着色もまばらであった。「山梨7号」:房形がまとまりにくかった。「バイオレットキング」:果粒が30g程度で、糖度もBrix18以上あったが、着色が不良であった。「富士の輝」:果粒が25g程度と大きいが、房形がまとまりにくく、果皮色が紫赤色で、着色ムラが大きかった。「スカーレット」:房形、着色が良好で、糖度も高く、玉張りも良好であった。「雄宝」:裂果とかすり症の発生が認められた。
研究分担生食ブドウ栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239748
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat