一文字整枝短梢剪定栽培によるブドウの省力栽培技術の開発 1 台木種類の検討 (2) 台木品種の違いと穂木品種の生育特性

一文字整枝短梢剪定栽培によるブドウの省力栽培技術の開発 1 台木種類の検討 (2) 台木品種の違いと穂木品種の生育特性

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2016
概要 「シャインマスカット」においては、101-14台とグロワール台が他の台木に比べ発芽時期が早く、5BB台で遅かった。また「ピオーネ」においては、グロワール台と188-08台が他の台木に比べ発芽時期が早く、5BB台で遅かった。また簡易雨除けを設置した試験樹でも、同様の傾向が見られた。果実品質については、「シャインマスカット」では188-08台で玉張りが優れ、5BB台で玉張りが劣る傾向が見られた。また「ピオーネ」では、188-08台で玉張りが優れ、グロワール台で玉張りが劣る傾向が見られた。次年度以降も継続して、生育特性を確認していく。
研究分担生食ブドウ栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239758
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat