モモ・ブドウの肥大促進技術の確立とブランディングに関する研究 1 モモ・ブドウの肥大促進技術の確立 (1)モモの肥大促進技術の確立

モモ・ブドウの肥大促進技術の確立とブランディングに関する研究 1 モモ・ブドウの肥大促進技術の確立 (1)モモの肥大促進技術の確立

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~30
年度2016
概要1)着果部位が果実肥大に及ぼす影響
 結果部位や結果枝の種類が果実肥大に及ぼす影響を検討するため、結果枝長・高さ・直径・新梢長を記録し、果実品質へ及ぼす影響を調査した。
2)植物調節剤が果実肥大に及ぼす影響
 ハウス栽培の「夢みずき」および露地栽培の「幸茜」において、サンキャッチ液剤が果実肥大に及ぼす影響を調査した。その結果、処理区と無処理区では果実重やその他の果実品質に差が無く、処理による効果は判然としなかった。
3)早期着果数制限および植物調節剤が果実肥大に及ぼす影響
 「なつっこ」では早期着果数制限または早期着果数制限とサンキャッチ液剤の併用処理により、対照区に比べて果実肥大が促進された。「幸茜」では併用処理による肥大促進効果は認められなかった。
4)果実肥大促進に適した幼果比の検討
「なつおとめ」を供試し、果実の第3肥大期に当たる7月上旬に、炭素の安定同位体元素(C13)を用いて、光合成同化産物の転流範囲を調査した。その結果、結果枝内では果実への同化産物の移行がみられたが、異なる結果枝の果実に対しては同化産物の転流が認められなかった。
研究分担落葉果樹栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239788
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat