省力・環境負荷低減型防除技術の開発 2 果実への被害を生じない省防除体系の確立 (1)ブドウ病害虫省力・省防除体系の検討

省力・環境負荷低減型防除技術の開発 2 果実への被害を生じない省防除体系の確立 (1)ブドウ病害虫省力・省防除体系の検討

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22~28
年度2016
概要 袋かけ前のブドウべと病は、少発生条件下の試験であった。省防除・省力区では、慣行区と同様に発病は認められず、防除効果は高かった。袋かけ前にディアナSCを果房浸漬した省防除・省力区では、収穫期のチャノキイロアザミウマによる穂軸の被害が、対照の慣行防除区と同程度であり、防除効果が認められた。
 袋かけ後のブドウべと病は甚発生、さび病は多発生条件下の試験であった。べと病の影響で無散布区の葉は早期落葉したが、省防除・省力区では、慣行区と同様に両病害の発生はほぼ認められず、防除効果は高かった。袋かけ後のICボルドー加用アビオンE1000倍によるべと病・さび病の省防除体系については、3年間試験を実施したが、省防除区は実用上問題となる早期落葉は認められず、慣行区とほぼ同等の防除効果が認められた。
得られた試験結果は環境保全型農業を推進するための資料として、今後の活用をはかる。
研究分担病害虫科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239793
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat