ブドウ及び核果類等の病害虫薬剤防除法の改善 1 農薬の効力検定及び残留分析試料の調製 (1)新農薬の効果査定

ブドウ及び核果類等の病害虫薬剤防除法の改善 1 農薬の効力検定及び残留分析試料の調製 (1)新農薬の効果査定

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S54~
年度2016
概要1)殺菌剤
 ブドウ白腐病に対するオンリーワンフロアブル(2000倍)の効果はB判定、ファンタジスタ顆粒水和剤(2000倍)はD判定、フルーツセイバー(1500倍)はD判定、ピクシオDF(2000倍)(非公開)はD判定であった。スモモ灰星病に対するAKD-5195SC(2000倍)の効果はC判定、S-2399 40SC(4000倍)はA判定であった。モモうどんこ病に対するサルバトーレME(3000倍)の効果はA判定、ファンタジスタ顆粒水和剤(3000倍)はB判定、フルーツセイバー(2000倍)はB判定であった。
2)殺虫剤
 モモのアブラムシ類(モモコフキアブラムシ)に対するモベントフロアブル(2000倍)の効果はA判定であった。スモモのシンクイムシ類(スモモヒメシンクイ)に対するIKI-3106液剤50(2000倍)の効果はC判定であった。ブドウのカイガラムシ類(クワコナカイガラムシ)に対するアプロードエースフロアブアブル1000倍の効果はB判定、コナカイガラムシ類(クワコナカイガラムシ)に対するモベントフロアブル(2000倍)に対する効果はB判定、クビアカスカシバに対するクビアカスカシバMD剤の効果はA判定であった。
 オウトウのハダニ類(カンザワハダニ)に対するモベントフロアブル(2000倍)の効果はB判定であった。ブドウおよびオウトウに対するモベントフロアブルの倍量薬害(非公開)は、認められなかった。
※A:実用性が高い B:実用性がある C:効果は低いが実用性がある D:実用性なし -:薬害等なし
研究分担病害虫科
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239794
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat