モモ枯死障害の発生原因の究明 1 栽培管理が障害発生におよぼす影響の解明 (4)着果量と冬季の土壌水分が耐凍性および障害発生に及ぼす影響

モモ枯死障害の発生原因の究明 1 栽培管理が障害発生におよぼす影響の解明 (4)着果量と冬季の土壌水分が耐凍性および障害発生に及ぼす影響

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H28~32
年度2016
概要 試験区の設定をしたが、試験樹で8月下旬に主幹部(南側)に裂傷が確認された。これは、前年の試験において、冬季に主幹部のビニール被覆を行ったため、昼夜温較差が大きくなり受傷したものと思われる。このことから、冬季の日較差を大きくすることにより裂傷が発生することが明らかになったため、今後、受傷樹の経過観察、解体調査を行うとともに、再現試験を実施する予定である。このため、今年度実施予定だった試験については、試験実施を見送った。
研究分担落葉果樹栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239834
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat