Ⅶ 乳肉用牛の放牧管理技術の開発 1 肉用牛の親子周年放牧技術の確立

Ⅶ 乳肉用牛の放牧管理技術の開発 1 肉用牛の親子周年放牧技術の確立

県名山梨県
研究機関名山梨県酪農試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
H28~32
年度2016
概要 近年、全国的に肉用繁殖牛頭数が減少し、子牛価格が高騰して肉用牛肥育経営は厳しい状況にある。一方、本県の耕作放棄地面積は依然高い水準にあり、今後も多様な利活用が求められている。
 そこで、耕作放棄地を活用し、放牧による低コスト子牛生産を行うため、夏季・冬季放牧用牧草種の選定や農家実証を行い、県内の気象条件に合った親子周年放牧技術を確立する。

研究分担草地環境科
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030239871
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat