乳牛に関する素材開発研究 (1)自給飼料多給による高泌乳牛飼養管理技術の確立 2) 乳牛における泌乳曲線の平準化飼養管理技術

乳牛に関する素材開発研究 (1)自給飼料多給による高泌乳牛飼養管理技術の確立 2) 乳牛における泌乳曲線の平準化飼養管理技術

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2016
概要目的:飼養管理の改善により泌乳曲線を平準化し、代謝障害、周産期病の低減と繁殖成績の向上を図り、酪農家の経営改善に貢献する長命連産で泌乳持続性の高い乳用牛の飼養管理技術を確立する。
成果:TMRの1日あたりの給餌回数を2回から4回に増やすと泌乳ピーク以降の乳量の低下を抑制でき、泌乳持続性の向上に寄与する。
研究分担酪農肉用牛部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030240056
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat