肉用牛に関する素材開発研究 (3) 肉用牛の効率的肥育技術 4) 肉用牛の暑熱対策技術の確立

肉用牛に関する素材開発研究 (3) 肉用牛の効率的肥育技術 4) 肉用牛の暑熱対策技術の確立

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~29
年度2016
概要目的:畜舎内外の冷却対策による舎内温度の低下や、飼養管理の改善による熱放散の促進、さらに飼料内容や給与方法の改善など総合的な対策について検討する。
成果:ダクトファン24時間稼働条件下において夜間給餌を実施した試験区は、夜間無送風、夜間給餌無しの対照区と比較して、飼料摂取量が増加する傾向が認められた。
研究分担酪農肉用牛部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030240066
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat