農地土壌温室効果ガス排出量算定基礎調査事業

農地土壌温室効果ガス排出量算定基礎調査事業

県名岐阜県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H25~32
年度2016
概要目的:農業分野における地球温暖化防止策の一つとして、農地土壌を温室効果ガスの吸収源として位置付けることを検討しており、全国調査を行っている。
計画:長期にわたり異なる有機物管理を継続している有機質資源連用水田(5処理区)において作土及び深さ30cmまでの下層の土壌分析(仮比重、炭素及び窒素含有量)及び水稲収量調査を実施した。
成果:有機物施用量の増加に伴う土壌中炭素含量の増加が確認できた。
研究分担土壌化学
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030240175
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat