海産生物増養殖試験(海産植物増養殖試験)

海産生物増養殖試験(海産植物増養殖試験)

県名愛知県
研究機関名愛知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22~29
年度2016
概要目的:養殖特性(病障害抵抗性と栄養繁殖性)及び経済形質(葉体色調と生長)等の優れた品種を開発する。ノリの保存系統について特性を評価し、系統や個体の選抜、さらに交雑試験により優良品種を作出する。また、ノリ等の得られた種苗について養殖試験を行い、県内漁場での有効性や利用方法を検討する。
成果:出願登録品種「あゆち黒誉れ」について、現地調査への対応を行った。塩分適応性、耐乾性、成熟期の試験では、「あゆち黒誉れ」は塩分適応性が広く、耐乾性は高く、成熟は遅い、という結果が得られた。壺状菌抵抗性については菌体の感染力が弱く感染が成立しなかった。「あゆち黒誉れ」と対照品種(「U-51」,「福岡有明1号」)を水試地先で養殖し,現地調査を受験した。結果、高水温耐性と赤ぐされ病抵抗性に区別性があると認められた。
研究分担栽培漁業G
予算区分県単
業績(1)海産植物増養殖試験(ノリ優良品種開発試験)
(2)海産植物増養殖試験(ワカメ種糸生産試験)
(3)ノリ病害対策試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030240599
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat