高吸着性セラミックスを活用した清酒品質安定化技術の開発(1/1)

高吸着性セラミックスを活用した清酒品質安定化技術の開発(1/1)

県名愛知県
研究機関名あいち産業科学技術総合センター食品工業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間単年度
年度2016
概要生酒タイプの清酒の需要が高まっているが、品質、特に香りの劣化が生じやすいため、その品質を常温で長期的に維持する技術の開発が求められている。本研究ではタンパク質高吸着性セラミックスを活用して、生酒の香り劣化、具体的にはイソバレルアルデヒド(i-Val)の生成に寄与する酵素を非加熱で除去する技術の開発に取り組んだ。
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030240628
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat