温暖化が水田の持続的生産性に及ぼす影響予測

温暖化が水田の持続的生産性に及ぼす影響予測

県名滋賀県
研究機関名滋賀県農業技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~29
年度2016
概要目的:
 温暖化が進行する中、本県の水田土壌では、作物残渣を全量還元しても土壌炭素量が減少する傾向が認められる。今後、さらに温暖化が進めば、さらなる作物生産性や品質の低下等も懸念されることから、これまでの気候データや水田の土壌分析データを解析するとともに、長期予測モデルを用いて、今後への影響についても予測する。
研究分担環境研究部
環境保全係
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030240772
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat