チャ冬芽の耐凍性評価を活用した防霜技術の確立

チャ冬芽の耐凍性評価を活用した防霜技術の確立

県名滋賀県
研究機関名滋賀県農業技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28
年度2016
概要目的:簡易かつ迅速に冬芽の耐凍性を評価する手法を開発し、本法を利用して県内主要産地の早春期における耐凍性低下特性を明らかにするとともに、冬芽の耐凍性に合わせた防霜ファン制御技術について検討する。

結果:チャ冬芽の簡便・迅速な耐凍性検定法を検討したところ、低温後の冬芽導電率変化が枯死率と強く関連しており、導電率変化を測定することで早春期の冬芽耐凍性の検定・評価が可能と考えられた。耐凍性評価の目安は、導電率変化20~40μS/cmの範囲内にあると考えられた。
研究分担茶業指導所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030240786
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat