養殖場防疫・疾病対策事業 2.ワクチンの実用化研究

養殖場防疫・疾病対策事業 2.ワクチンの実用化研究

県名滋賀県
研究機関名滋賀県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20~29
年度2016
概要[目的]冷水病浸漬ワクチンの製造承認に向けた改良および承認に必要なデータの収集。
[成果]①試作浸漬ワクチンを用いて、養殖業者の池において治験を実施したが、国の承認に必要な水準のデータは得られていない。②試作浸漬ワクチンの用法用量の改良(希釈倍率)について検討したが、有効な結果は得られなかった。
③冷水病菌が産生するコラゲナーゼ(タンパク質分解酵素)とホルマリン不活化ワクチンを併用してワクチン処理をしたところ、ワクチンの効果がみられた。しかし、再試験を実施したところ、効果はみられず、再現性が得られなかった。④冷水病自然発病魚の腎臓から高頻度に分離される数種類の菌を単離し、病原性を調べたところ、アユに対して1種類で強い病原性を示した。しかし、その菌と冷水病との相関関係は認められなかった。
研究分担環境病理係
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030240795
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat