環境DNAによる河川とその流域に生息する生物モニタリング手法の開発

環境DNAによる河川とその流域に生息する生物モニタリング手法の開発

県名大阪府
研究機関名地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H28
年度2016
概要環境DNAを利用した水生生物(イタセンパラ)の生息状況を把握手法の開発を行い、従来からの地曳網調査結果との比較検証を行うことで、モニタリング手法としての有効性を検証した。
研究分担環境研究部 水生生物G
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030240985
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat