海洋環境・資源総合調査(有害有毒プランクトン発生監視調査)

海洋環境・資源総合調査(有害有毒プランクトン発生監視調査)

県名大阪府
研究機関名地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継S48~
年度2016
概要平成14年以降、大阪湾で有害(貝毒)プランクトン(Alexandrium tamarence)が発生し、アサリやアカガイ、トリガイなどから基準値を超える貝毒が検出された。このため、従来から行っている赤潮調査に加えて、有毒プランクトンの発生状況等の調査も頻度を上げて実施している。また、有害プランクトン対策マニュアルにより、食の安全推進課や水産課などと共同で、食の安全、安心に寄与している。
研究分担水産研究部 海域環境G
予算区分府単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241030
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat