資源評価調査

資源評価調査

県名大阪府
研究機関名地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継S53~
年度2016
概要国連海洋法条約に規定されている沿岸国の漁業資源評価義務にもとづき、国が実施している委託事業である。大阪府では巾着網と流し網の漁業日誌調査、イワシ類、ヒラメ、サワラの体長測定や漁獲量調査、イワシ類の卵稚仔調査を実施している。得られたデータから、瀬戸内海の他研究機関と共同で毎年の魚種別資源量や漁獲可能量を推定し、国に報告している。データは大阪府においても漁況予測や資源管理等の資料として活用している。平成22年度からは、イカナゴの資源・漁獲動向を把握する「沿岸資源動向調査」が事業に追加された。
研究分担水産研究部 水産支援G
予算区分委託(国)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241045
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat