FT-ICRMS分析を用いた森林の溶存有機物の構成種とその変動メカニズムの解明

FT-ICRMS分析を用いた森林の溶存有機物の構成種とその変動メカニズムの解明

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~28
年度2016
概要目的:分解能が極めて高いフーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴型質量分析器(FT-ICRMS)を用いて、宍粟市の森林流域を流れる降雨と林内雨、樹幹流、土壌水、渓流水の5種類の水質を分析し、森林管理の違いが水質にもたらす影響を明らかにする。
成果:①前処理からFT-ICRMS分析過程までを追認し、コンタミ排除のための水サンプル調整法を決定した。②宍粟市山崎町(スギ林)の降雨と林内雨を採水し、分子数を比較した。
研究分担森林林業技術センター資源部
予算区分国庫補助
(文科省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241129
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat