シカ生息下における森林造成技術の検討

シカ生息下における森林造成技術の検討

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~32
年度2016
概要目的:森林の多面的機能の維持・向上につながる皆伐・再造林の低コストモデルの構築をめざし、シカ生息下における低コストかつ効果的な森林造成技術を確立するため、気候・土壌等の立地条件、伐採方法・面積等の作業条件やシカ生息密度等環境条件に応じたシカ食害等防護手法の改善と効果検証を行う。
成果:治山課森林整備ワーキングに参加し、治山事業における「兵庫県森林維持造成指針」を策定。シカ害防除対策の事業地のデータ解析を担当し、防護柵・単木防除の留意事項として成果とりまとめ。
シカ防護柵試験地を①たつの市、➁多可町、③朝来市の3箇所に設定し、ネット有効高、地際抑えロープ隙間等に関する諸データを測定。
研究分担森林林業技術センター資源部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241134
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat