マツタケ類感染苗を用いたシロ誘導技術(共同:委託プロジェクト)[国立研究開発法人森林総合研究所]

マツタケ類感染苗を用いたシロ誘導技術(共同:委託プロジェクト)[国立研究開発法人森林総合研究所]

県名奈良県
研究機関名奈良県森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継(H27~31)
年度2016
概要○目的:マツタケ近縁種であるバカマツタケについて、菌糸の培養法・宿主への接種法を改良して林地接種を行い、林地でのシロの定着と拡大について追跡する。
○計画:マツタケについて実施されている菌付苗木の作製法などを参考にして、バカマツタケの菌付苗木を作製するとともに、それが効果的に他の宿主の根へ感染することを確認する。また、林地において、シロの拡大を評価する。
○期待される成果:マツタケ近縁種であるバカマツタケの林地定着条件を明らかにすることにより、マツタケ栽培の基礎資料とする。また、マツタケと同様に有用なきのこであるバカマツタケの栽培が可能になる。
○成果の受け渡し先:県内農林家、林業研究会など。
研究分担森林資源課
予算区分受託研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241215
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat