含水率計による水分管理技術に関する検討

含水率計による水分管理技術に関する検討

県名奈良県
研究機関名奈良県森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完(H26~28)
年度2016
概要○目的:現場より、精度の高い含水率の推定を行うための指針が求められている。そこで、県産スギ・ヒノキ材に適した含水率計の密度補正方法についての検討を行う。また、乾燥材に生じる水分傾斜を乾燥方法別に把握し、含水率計による測定値の読み替えによる評価方法についての検討を行う。
○計画:①県産スギ・ヒノキ材に適した含水率計の使用方法の検討②含水率計を用いた乾燥方法別水分管理方法の検討
○期待される成果:得られた成果を随時技術指導等で普及することにより、乾燥材生産現場では、より高品質な乾燥材が生産可能となり県産材の需要拡大に寄与できる。
○成果の受渡:県内製材業、木材加工業等
研究分担木材利用課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241221
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat