奈良県産スギ材・ヒノキ材の寸法安定化技術の検討

奈良県産スギ材・ヒノキ材の寸法安定化技術の検討

県名奈良県
研究機関名奈良県森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継(H27~29)
年度2016
概要○目的:木材には、そり、狂い、割れが発生するという欠点があり、住宅用のフローリング材料には、高い寸法安定性が求められる。そこで、床暖房に対応したフローリング材料の開発を目指して、PEG処理等既存技術の再考と改善、新規グリオキザール樹脂を用いた試み等、寸法安定化技術の検討を行う。
○計画:①薬剤および処理条件の検討【H27-28】②実大材による注入処理条件の検討・製品の性能評価【H28-29】
○期待される成果:県産材の需要拡大
○成果の受け渡し先:工務店、木材関連企業
研究分担木材利用課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241222
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat