奈良県産スギ・ヒノキ造作材の材色に配慮した乾燥方法の開発

奈良県産スギ・ヒノキ造作材の材色に配慮した乾燥方法の開発

県名奈良県
研究機関名奈良県森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新(H29~32)
年度2016
概要○目的:一般造作材を対象とした材色に配慮した人工乾燥技術の開発を行い、和室造作材を対象とした天然乾燥と人工乾燥を併用した材色を損なわない乾燥技術を開発する。
○計画:スギ・ヒノキ造作材製品の調査及びスギ・ヒノキ材の材色データの収集を行い、奈良県での人工乾燥の現状把握を行う。
○期待される成果:奈良県産スギ・ヒノキ材の品質が向上し、効果に取引される造作材の需要拡大につながる
○成果の受渡:工務店、木材関連企業 
研究分担木材利用課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241228
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat