有機栽培「技術の原石」トレジャーハント!検証・解析する事業

有機栽培「技術の原石」トレジャーハント!検証・解析する事業

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~
年度2016
概要目的:現地の有機栽培実践農家の栽培上の特徴の把握および数値的データの収集・解析を行い、技術的・経営的な問題点や有効な技術を把握する。併せて、技術的なサポートを実施する。
成果:自然農法実践者の慣行ほ場と自然農法実践ほ場の土壌を比較し、実態把握を行い、自然農法ほ場は三相分布の気相割合が高く、CaO飽和度、MgO飽和度、K2O飽和度、塩基飽和度が慣行ほ場より低い傾向がみられたが、慣行栽培の土壌の違いは判然としなかった。
研究分担有機・特別栽培、作物、環境研究室
予算区分単県
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241327
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat