農作物主要病害虫の効率的防除薬剤の実用化試験

農作物主要病害虫の効率的防除薬剤の実用化試験

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H11~
年度2016
概要 主要病害虫に対する新規薬剤の実用性を明らかにするため以下の試験を実施し、農薬登録促進に寄与するデータが得られた。
1)イネいもち病および紋枯病に対する箱施用薬剤の防除効果
2)イネウンカ類、ツマグロヨコバイに対する箱施用薬剤の防除効果
3)モモ黒星病に対する薬剤の防除効果
4)ブドウ晩腐病、べと病、褐斑病に対する薬剤の防除効果
5)ブドウ、モモ、リンゴの根頭がんしゅ病に対する薬剤の防除効果
6)ブドウの幼果期におけるゾーベックエニケードが花粉溶脱に及ぼす影響
7)モモに対するICボルドー412、ムッシュボルドーの薬害試験
8)ナスすすかび病、トマト青枯れ病、キュウリ褐斑病に対する薬剤の防除効果  9)露地なすのカスミカメ類に対する薬剤の防除効果
10)露地なすのハダニ類に対する薬剤の防除効果
研究分担病虫研究室
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241597
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat