準高冷地ダイコンの多様なニーズに対応した品種選定と良品生産技術の確立

準高冷地ダイコンの多様なニーズに対応した品種選定と良品生産技術の確立

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H28~30
年度2016
概要目的:生食用のみでなく、近年の小規模世帯・宅配や加工用など多様なニーズに対応したダイコン品種を選定するとともにそれに適した生産技術を確立する。
成果:生食用の春播きダイコンとして「TH088」及び「H14-904②」、夏播きとして「TH088」、秋播きとして「W4571」が有望であった。「TH088」は、晩抽性は劣、萎黄病耐病性は強で、欠株・曲がりが少なく、秀品率、規格内収量が優れた。漬け物用としては「晩々G」、「TH088」が、宅配用ミニダイコンとしては「四季姫2号」、「紅岬」等が、高単価が期待できる有色ミニダイコンとしては「紅しぐれ大根」、「もみじスティック」等が有望であった。ミニダイコンの栽植密度は、作業性を考慮すると慣行の1.5倍密植が良く、窒素施肥量は1.5kg/aがよかった。
研究分担高冷地研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241606
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat