ナシジョイント仕立てにおける根域管理方式の違いが土壌水分の変動および定植1年目の生育に及ぼす影響調査

ナシジョイント仕立てにおける根域管理方式の違いが土壌水分の変動および定植1年目の生育に及ぼす影響調査

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28
年度2016
概要 現地ほ場において3種類の根域管理方法(平うね,高うね,高うね+暗渠)の排水性を比較した。根域管理方法間で樹体生育に差が認められず,排水不良の傾向が確認されなかった。十分に土壌改良が行なわれ,排水が確保されているほ場条件では,根域管理方法は最も低コストな平うね型で問題ないと考えられた。
研究分担果樹研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241671
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat