持続可能な農業生産のための新たな総合的植物保護技術の開発 14微小害虫を対象とした新たな誘引・忌避技術の開発 ①-(2)誘引・忌避体系の確立、実証試験の実施

持続可能な農業生産のための新たな総合的植物保護技術の開発 14微小害虫を対象とした新たな誘引・忌避技術の開発 ①-(2)誘引・忌避体系の確立、実証試験の実施

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~28
年度2016
概要 トマトへのPDJ剤の5回散布は,対照薬剤(スピネトラムSC)と比較してやや劣ったが,無処理区と比べ高い忌避効果を示した。薬害は認めなかった。広島県の担当である効果事例2例を達成した。
 夏秋トマト栽培作型で1週間間隔2~3回のAG散布はタバココナジラミ(Qタイプ)の発生を抑制できたが,着色異常果発生の抑制効果は完全ではなかった。
研究分担生産環境研究部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)Globisporangium oryzicola sp. nov., causing poor seedling establishment of directly seeded rice
(2)Suppressive effect of acetylated glyceride (Bemidetach®) against tomato yellow leaf curl virus transmitted by sweetpotato whitefy Bemisia tabaci adults on tomato plants in greenhouse.
(3)Suppressive Mechanism of Acetylated Glyceride (Bemidetach®) on Tomato Yellow Leaf Curl Virus (TYLCV) Infection.
(4)新規コナジラミ成虫行動抑制剤ベミデタッチ®乳剤(アセチル化グリセリド)のトマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)の媒介抑制効果
(5)アセチル化グリセリドによるトマトのオンシツコナジラミに対する防除効果
(6)植物防御によるアザミウマ行動制御と忌避剤の開発
(7)ジャスモン酸類縁体を用いた行動制御によるミカンキイロアザミウマの防除
(8)トマトにおけるプロヒドロジャスモンのアザミウマ被害抑制効果
(9)Suppressive effect of acetylated glyceride(BemidetachTMEC)on Tomato yellow leaf curl virus transmitted by the whitefly Bemisia tabaci on greenhouse tomato plants.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030241686
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat