イチゴ育種における四季成り性に連鎖するDNAマーカーの検討 1四季成り性に連鎖するDNAマーカーの増幅条件の検討

イチゴ育種における四季成り性に連鎖するDNAマーカーの検討 1四季成り性に連鎖するDNAマーカーの増幅条件の検討

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H28
年度2016
概要目的:イチゴ育種の効率化を図るため、DNAマーカーの利用可能性を検討する。
成果:栃木県開発の四季成り性連鎖マーカー4組についてPCR条件を検討した。そのうちマーカーNA450-Sを一部改変することで目的の長さの増幅産物を安定的に検出することが可能になった。
研究分担野菜・花き部門
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242068
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat