竹林伐採跡地における低コスト造林技術の開発

竹林伐採跡地における低コスト造林技術の開発

県名香川県
研究機関名香川県森林センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26〜H29
年度2016
概要目的:放置竹林の樹種転換を図るため、タケの効率的な除去及び跡地の効率的な植栽技術の実証を行う。
成果:タケの地下茎が障害となって植栽しにくい竹林伐採跡地において、コンテナ苗は労力的に有利であり、植栽時期を選ばないコンテナ苗を使用することにより、低コスト造林につながる可能性があることが分かった。今後も引き続き、保育等の工程調査等を実施する。
研究分担森林センター
予算区分県単
業績(1)竹林伐採跡地におけるコンテナ苗(クヌギ)植栽試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242244
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat