オリジナル品種戦略的研究開発

オリジナル品種戦略的研究開発

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所果樹研究センター・みかん研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H28~30
年度2016
概要目的:機能性表示制度に取り組むために必要な機能性成分の基礎的データを蓄積するとともに県育成品種の保護やブランドの信頼性向上のため精度の高い遺伝子診断技術を活用した品種判別技術を確立する。
成果:(攻め)みかん研究所内の17系統について生育時期別に果皮に含まれる4種類のフラボノイド含量、6系統について果皮のオーラプテン含量を分析した。
(守り)これまで利用していた遺伝子マーカーセットの場合、最大89.40%の確率で一致するとしか言えなかったが、公表された新たな知見に基づく遺伝子マーカー(19マーカー)セットを愛媛果試第28号に適用することにより、99.99%以上の確率で一致することを確認した。
研究分担果樹研究センターみかん研究所(育種栽培室)
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242306
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat