自給飼料不耕起栽培技術確立試験

自給飼料不耕起栽培技術確立試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所畜産研究センター・養鶏研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H27~28
年度2016
概要概要:自給飼料生産の播種時期には、作業が集中するため、多大な労力を必要とするものの、畜産農家の高齢化、担い手不足等により、十分な労力を確保できない。そのため、国が新たに開発した不耕起対応高速播種機を活用し、播種時期の労力軽減と本県のほ場条件に適した栽培・増収技術を開発する。
成果:不耕起播種は、トウモロコシとソルガムの混播栽培において耕起栽培同等の収量となり、実用可能と推察。堆肥を表面施用しても収量差はなく、不耕起栽培でも堆肥が処理可能。
 現地技術実証は、前作収穫から3日で播種し地域慣行同等の収量となり、高い評価を得た。
研究分担経営室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242324
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat