CLTや梁桁生産における原木強度選別の優位性調査

CLTや梁桁生産における原木強度選別の優位性調査

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H29~30
年度2016
概要【目的】
 CLTや梁桁製材品を生産するうえで、強度不足の製品の発生が生産コスト削減の課題となっている。このため、原木段階で強度選別することにより、強度性能に適した製品に加工する生産システムを検証し、効率的な生産システムの構築を目指す。
研究分担研究指導室
予算区分県単(森林環境税充当)
業績(1)ヒノキCLTのせん断強さにラミナ幅及び幅はぎ接着が与える影響について
(2)ヒノキCLTのせん断及び曲げ強さにラミナ幅及び幅はぎ接着が与える影響について
(3)スギの幅はぎラミナの強度特性について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242344
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat