伊予の媛貴海生産技術開発試験

伊予の媛貴海生産技術開発試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所水産研究センター・栽培資源研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~28
年度2016
概要食味がマグロと類似し、養殖マグロの代替品として注目されるスマは、比較的高値で取引されるとともに、ブリ類養殖施設をそのまま使用できることから、ブリ類養殖に代わる新規養殖対象種として有望であるが、本種の生態は未解明な部分が多いことから、早期に養殖技術を確立し、養殖業者の経営改善を図る。
研究分担水産研究センター
 養殖推進室
予算区分県単
業績(1)スマ養殖技術開発試験 5. 種苗生産後期における減耗要因の検討
(2)スマ養殖技術開発試験 6.早期種苗を用いた養殖試験の飼育成績
(3)陸上水槽下におけるスマの繁殖生態(Ⅱ)
(4)Growth and gonadal development of eastern little tuna, Euthynnus affinis,under captive condition.
(5)愛媛県南予発、美味な幻のマグロ類スマの完全養殖に向けた種苗生産技術
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242357
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat