小型乗用管理機の利用による茶の栽培管理マニュアルの作成

小型乗用管理機の利用による茶の栽培管理マニュアルの作成

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター茶業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~32
年度2016
概要茶園管理に利用する機械類は、可搬型で重量が10kg以上あり、管理作業には人手(2~3名)が必要なため、茶樹の樹勢維持を図る計画的な枝条管理(深刈り・中切り)はほとんど行われていない。そのため、茶樹の同じ枝条を使い続けることによる芽数の減少や茶葉の小葉化・薄葉化により、生葉収量が減少するとともに、外観形状の劣化やうま味成分の減少など荒茶品質の低下が問題となっている。そこで、最近、開発された小型乗用管理機を利用した増収・品質向上に繋がる栽培管理法を確立する。
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242434
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat