1収益性の高い林業・林産業づくりのための技術開発 1)林地生産力推定法の開発と森林管理支援システムの構築

1収益性の高い林業・林産業づくりのための技術開発 1)林地生産力推定法の開発と森林管理支援システムの構築

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2016
概要森林施業の基本単位である林小班スケールで林業経営に有利な場所を選定するため、林小班ごとに林地生産力を把握する手法を開発するとともに、森林施業の計画・実施に必要な林道、作業道データ等の情報を一元的に管理できるシステムの構築を行う。これにより森林施業プランナーによる施業提案に活用でき、施業の効率化を図ることができる。
研究分担森林林業部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242572
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat