2増大する自然災害・生物被害から森林を守るための技術開発 1)ハイパーマツ黒のさし木苗得苗率の向上技術

2増大する自然災害・生物被害から森林を守るための技術開発 1)ハイパーマツ黒のさし木苗得苗率の向上技術

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H26~28
年度2016
概要マツ材線虫病抵抗性クロマツであるハイパーマツ黒について、発根率の低さと主軸が直立しない苗の発生を改善する技術を開発する。
細いさし穂の発根率が高いこと、さし穂の冬芽の曲がりは育苗過程である程度回復することが明らかとなった。
研究分担森林林業部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242574
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat