2増大する自然災害・生物被害から森林を守るための技術開発 3)九州・四国地域の若齢造林地におけるシカ被害対策の高度化

2増大する自然災害・生物被害から森林を守るための技術開発 3)九州・四国地域の若齢造林地におけるシカ被害対策の高度化

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H29~32
年度2016
概要シカの生息密度が高い地域では、植栽木の食害が発生するため、主伐・再造林を躊躇する森林所有者が多い。ツリーシェルターと大苗の有効性をシカ生息数レベルとともに明らかにすることで、それらの適用範囲を示した施業オプションを提示することを目的とする。
研究分担森林林業部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242576
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat