果樹の画期的新品種の開発 2)キウイフルーツ連作障害耐性台木の育成

果樹の画期的新品種の開発 2)キウイフルーツ連作障害耐性台木の育成

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2016
概要目的:連作障害に耐性を持つ台木を育成することによって改植による園地と品種の更新をすすめる。
成果:シマサルナシ実生群はヘイワード実生群よりも水分ストレス耐性が高く、同台木は連作障害ほ場で枯死しなかった。
研究分担苗木・花き部(苗木チーム)
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242593
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat