飼料費削減を可能にする肥育前期の給与技術の開発

飼料費削減を可能にする肥育前期の給与技術の開発

県名佐賀県
研究機関名佐賀県上場営農センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~H29
年度2016
概要目的:濃厚飼料価格の高騰は肥育農家の経営を圧迫している。そこで、飼料費の削減を図るために、肥育期間を通常の29ヶ月から5ヶ月間短縮可能な給与技術を確立する。
成果:肥育前期に濃厚飼料を2kgづつ増給することで肥育期間の短縮が可能であることが示唆された。
研究分担畜産・果樹研究担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242667
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat