浮皮が発生しない省力的で安定生産できる温州みかん品種の育成

浮皮が発生しない省力的で安定生産できる温州みかん品種の育成

県名佐賀県
研究機関名佐賀県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~34
年度2016
概要目的:高糖度で浮皮が発生しない着果生の優れた温州みかん品種を作出する。
成果:温州みかん品種「原口早生」「今村温州」について浮皮発生が少なく、省力化可能な個体数種を選抜した。
研究分担品種開発研究担当
予算区分都道府県単
業績(1)‘川田温州’実生胚軸カルスに対するシンクロトロン光およびイオンビーム照射が再分化個体生育に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030242713
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat